イタリア風とイギリス風の煮込みの違い

イタリア風に仕上げたい場合は、先の塩は最小限にして、煮込み後に塩で味を決める。
そうすると、塩の尖った味が、素材すべての味を立たせて男性的な仕上がりになる。
これは後でオリーブオイルをかけるのに最適で、フランス風の塩の入れ方の場合は後でバターを落すのに最適なのだ。

そして、イギリス風に至っては煮込みに塩を入れないで、食卓で個々に塩をかける。
このことは、日本で「イギリス料理がまずい」と思われる一因である。
イギリス料理において、テーブルに調味料の瓶がない場合は、遠慮せずに「塩をくれ」や「胡椒をくれ」と言い、そしてナイトアイボーテ 通販で買う方法を尋ねても構わないのである。


Comments are closed.