和食から学べばいっそうクッキングが上手く。直ぐにでも使える基礎知識

お浸しの料理の仕方というと人それぞれでしょう。
しかし、基礎に忠実な調理手順を再確認してみるのも良いでしょう。

出汁、みりん、そしてしょう油といった素材に
浸けて食べるスタイルが従来の調理手順ですが、
他にだしょうゆをまぶすのみのお浸しも一般的なようです。

また、魚の煮物では魚の霜降りづくりと言う下拵えが肝心です。

大根や茄子を使用した浅づけは
毎食でもテーブルへ供したい一品でしょう。
一夜漬けを作る時の塩分量は、
原材料に比して2~3%を心がけましょう。
塩のみでも構いませんが、こんぶもしくはショウガ、
またはトウガラシなどを添えて漬ければ味わいや旨みが浸み込みます。

浅漬というのは塩の密度差が作用して食材の水が離脱するため、
多くの野菜でもまとめて摂る事が可能となります。
すなわち、比例して野菜が含有するビタミンと繊維を
摂取出来ると言う訳です。
塩の取り過ぎに十分留意しながら、普段からいただきましょう。

和食は奥が深いなと感じている私はここのところ、
お願い、処女ってバレないでっ!に興味津々です。


Comments are closed.